読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手に職をつけないで生きていく難しさと強さ Advantage and Disadvantage to live without speciality

特に一芸に秀でいるわけでもなければ

特に1つのことに打ち込めるタイプでもなかったおれは

手に職をつけているひとたちをとにかくうらやんでいた。

 

医者、弁護士、職人、芸術家、音楽家・・・

 

己の力で運命を作れるような強さを持ったひとたちだと憧れていた。

 

けど社会に出てみて少し考えが変わった。

 

手に職をつけると、休めない

 

これに気が付いた。

手に職をつけない生き方もありではないか。

自由に生きるためにはもしかしたらその方がいいのかもしれない。

 

手に職をつけないとそれの意味するところは、

ほとんどの場合は代替可能、だろう。

 

しかし、手に職をついているひとたちを束ねるのは、

これは手に職がついていないひとだ。

そこを狙えばいい。